続いては、タイのメリット・デメリットをみていきたいと思います。

 

【タイのメリット】

・システム開発というよりは、イラストやWebデザインなどのデザインに秀でた人材が多い。
・親日派が多数で日本語を話せる人材が多い。
・ITのインフラが整備されている。
・アジアの国の中では比較的治安が良く、在タイ邦人も多いので駐在員が生活しやすい環境が整っている。

 

【タイのデメリット】

・人件費は東南アジアの中では比較的高く、インドや中国までとはいかないがコスト削減の魅力が少ない。
・高齢化が少しずつ進んできており、今後の人口の伸びしろがない。
・英語が苦手な人が多い。
・すでに多くの外資系企業が進出しており、優秀なIT技術者を確保し辛い。

 

タイでは、タイ人のデザイン力を活かしたWebデザイン、ソーシャルゲームのイラスト製作、あるいは日本語を話せる人が多いところを活かしたコールセンターやデータ入力などのBPO事例が多いです。システム開発等ももちろんありますが、上流工程からプロジェクトに参賀することはなく、開発からテストがメインとなります。

 

タイは親日な人が多く、性格的にも日本人と似て大人しい人が多いので、日本人とは相性が良いと言われています。また治安も良く在タイ邦人も多いので、駐在する方にとっては非常に生活しやすい環境だと思います。

 

ただし、最近は人件費が上昇しつつあり、高齢化も少しずつ進んでいるため、優秀な人材を確保し辛いといった懸念点もあります。日本向けのデザインができるという点は他の国にはあまりない魅力なので、この特徴を生かしたオフショアはこれからも続いていくでしょう。