発表者 : Vo Truong Thanh

オルグローラボでは、各々で興味のある技術の話題を、午後のプレゼンタイムで発表しています。
本日はAjaxを得意とする技術者Thanahが、ブラウザゲームの開発に便利なEaselJSの概要を紹介しました。

 

EaselJSはHTML5のCanvas要素を利用して簡単に動作するJavaScriptのライブラリです。ゲーム開発や画像生成や高度な映像の演出に効果的です。
使い方ですが、ますはじめにcanvas要素のIDを使ってステージインスタンスを作り、ステージを宣言します。

 

このステージはすべての表示や動作を保持しています。

 

var stage = new createjs.Stage(“demoCanvas”);

 

ステージにobjectを追加するには、

 

example: var grant = new createjs.SpriteSheet(options);

 

とし、その後に

 

stage.addChild(grant)

 

とします。
objectのアニメーションを切り替えるには、gotoAndPlayメソッドを用います。

 

grant.gotoAndPlay(‘jump’);

 

EaselJSでは以下の方法で、標準で1秒間に30回、新しい座標セットや時間演算の関数を呼び出す事が可能です。

 

function tick(event) {
//do something}