blog1

ベトナムに旅行をする際、または駐在員が帰国される際には、気を付けなければならないことがあります。それは、ベトナム国内から海外に出る際に、現金の持ち出しに制限があるからです。

ベトナムの日本大使館によると、ベトナム入国の際の外貨の持込には、制限を設けていません。しかし、5000ドルまたはそれ相当の外貨、もしくは1500万ドン以上の現地通貨を所持する場合は、空港で税関申告しなければなりません。そして、申告をせずに出国時に上記の額を超える現金を持ち出す場合、所持金を没収されるようです。

ベトナムは、ただでさえ空港で賄賂をもらうためにいちゃもんを付けようとするスタッフがたくさんいます。Eチケットを提示できないから10ドル、新品のパソコンを持ち込むから100ドル、といったように、取れるところで取ろうとしてきます。

申告していないと超過分を没収されることになるのですが、それが国に没収されるのかそのスタッフの懐に入るのかは誰にもわかりません。逆に、賄賂が当たり前の国だからこそ、その場で賄賂で解決することができるかもしれません。

しかし、最初に申告をしておけば無駄なトラブルを避けることができます。大金を持ち歩くことの多い方は、事前に申請をするか、もしくは送金などの別の方法で運ぶようにしましょう。