image001

日本と比べるとまだまだ人件費の安いベトナムですが、実際にいくらくらいで人を雇うことができるのでしょうか?コストがかからないため日系企業の進出やオフショア開発が年々増えてきていますが、それと反比例するようにベトナム人のコストは上昇し続けています。

 

例えば、2011年の時点でホーチミンなどの地域1の最低賃金が1,550,000ドンだったのですが、2013年の1月には2,350,000ドンに、2014年には2,700,000ドンに、2015年の初めには3,100,000ドンへと年々15%程度の上昇率を維持し続けています。ちなみに、3,100,000ドンは約1万7千円になります。

 

上がっているといってもまだまだ日本と比べると破格の人件費といえるでしょう。2016年の1月からも、さらに12%前後引き上げられると言われていますので、今後も急激な上昇が続くのかもしれません。

 

タイと比べても格安の人件費ですし、カンボジアやラオスなどと比べてもインフラが整っており生活しやすい国ですので、人件費が少し上がったとしてもまだまだ魅力はあるのではないかと思います