image001

ホーチミンにもたくさんの交通手段がありますが、外国人の多くは移動にタクシーを利用します。しかし、慣れない地でタクシーに乗るのが怖いという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、ベトナムでのタクシーの乗り方について紹介します。

 

基本的なタクシーの使い方

タクシーは、日本と同じように止めることができます。手をあげたり運転手にわかるようにジェスチャーすれば止まってくれるはずです。

 

困るのはやはり会話だという方も多いでしょう。実際に英語がわからないドライバーもいるため、予めどこに行きたいのかというメモや分かりやすい地図を作っておくとよいでしょう。

タクシー代金と支払方法

タクシーが動き出したらメーターが作動し始めます。メーターはタクシー会社などによって変わってきますが、基本は12000ドンあたりからのスタートとなります。その後は1キロにつき15000ドン程度の割合で増えていきます。

 

ホーチミン市内のちょっとした場所に行くだけであれば、20000ドン~40000ドン程度でしょう。空港ー市内間は若干離れていますので、10万ドン~20万ドン程度見ておきましょう。

 

到着したら、そのときメーターに表示されている金額を支払います。小数点のないタクシーもありますので、間違えないように注意してください。また、少額の運賃に対して大きな紙幣を出してもおつりがないと言われることがあります。乗る前に、小さな紙幣を持っているかの確認をしておくとよいでしょう。

 

信頼できるタクシー

邦人に対するタクシーのぼったくりが後を絶ちません。たくさんのタクシー会社がありますが、比較的ぼったくりなどのトラブルが少ないのがVinasunタクシーとMailinhタクシーです。そこら中に走っていますので、この2大タクシー会社を利用して安全に移動しましょう。