発表者 : Nguyen Huynh Cuong An

ベトナム拠点のSEO施策チームのリーダーAn君が、米国Google.com と ベトナムGoogle.com.vn におけるSEO手法の違いについてプレゼンテーションしてくれました。
Googleでは、国ごとにSEO手法が異なることがわかります。

 

まとめ:
1. まずこれらの施策には多少の英語スキルが必要です

2. 掲載順位争いについて:
当然ながら Google.com は世界中から利用されます。すなわちキーワードでの順位競争の難易度は常に非常に高い水準にあります。

3. フォーラムサイトの投稿の署名にサイトのリンクを書いてはいけない
ベトナムのGoogleでは、バックリンクを得る手段として署名にリンクを用いることでSEO施策とする事が推奨されます。
一方で米国Googleではそういったリンクは有効とみなされません。
海外のフォーラムサイトは技術系のそれと同じように役立つものであると言う視点から、米国Googleは投稿と関係のないスパムリンクをフォーラムサイトで見つけた場合、そのリンクはただちに遮断されます。

4. ソーシャルネットワークと連携することを推奨 (MXH)
ソーシャルネットワークと連携すること(MXHと言います)は米国Google においては重要な意味があります。

5. トラックバック等を用いてコメントする
ブログでのバックリンクは米国Googleが最も好むスタイルであり、これを用いることで半分勝ったも同然となります。

6. サイトにCMSを用いる
多くのCMSはGoogleで上位表示されるように設計されています。

7. 結論
一般に、Google.comへのSEO施策は目利きが必要ですよ。

 

資料はここからダウンロード出来ます。