image001
ベトナムには、日本にない珍しいアイテムがありますし、日本では高価なものが安く手に入ったりすることもあります。そのようなアイテムを、日本の家族や友人にお土産として持ち帰りたいと考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、中には日本に持ち帰ることのできないアイテムもありますので、帰国の際には注意しなければなりません。それでは、具体的にどのようなアイテムが禁止されているのでしょうか?

【臭いの強いもの】
ベトナム国内で一般的に使われているマントムやヌクマムなどの調味料は、強烈なにおいを放つため機内持ち込みではないカバンに入れていても空港で没収される可能性があります。しかし正確には持ち出しができないというわけではありませんので、運に任せて荷物に忍ばせるのもよいでしょう。

【フルーツ】
マンゴーをはじめとする東南アジアのおいしいフルーツが安く購入できますが、フルーツや植物、またはそれらの種は日本に持ち帰ることができません。ただし、加工されたドライフルーツなどは持ち帰ることができます。

【コピー品】
ベトナムで普通に売られているブランド品の財布やバッグなどは、日本に持ち帰ることができません。正確には、そのような品物をもってベトナムから出ることはできるかもしれませんが、日本の税関で偽物と判明した場合には犯罪になります。

【骨董品】
ホーチミンには骨董品通りなどがあり、おしゃれなベトナムのアンティークがたくさんあります。日本に持ち帰りたいという方は多いようですが、原則骨董品の持ち出しは禁止されています。