ベトナムは国策でITに力を入れているとして知られていますが、ベトナム進出に成功する日系IT企業が増えるにつれ、ホーチミンやハノイをはじめとする大都市を中心に、日本ブームが訪れています。

 

日本人が増えれば、その日本人を対象にした日本食レストランや日本のアイテムが普及しやすくなります。その日本の存在感が大きくなるにつれて、元々親日的なベトナム人の日本に対する思いも強くなってきています。日本に行きたいベトナム人、日本の商品がほしいというベトナム人、そして、日系企業で働きたいというベトナム人も年々増加傾向にあるのです。

 

日系IT企業の進出も現在の日本ブームの火付け役の1つといえますが、それが優秀なベトナムの人材確保をより簡単にしています。ベトナムの日系企業といえばITが最初に思い浮かびますが、日本のサービスをベトナムでそのまま展開する企業も増えてきています。今後も日系企業が増え続け、この日本ブームが続くようであれば、ベトナムの日系IT業界もより安定した人材確保が期待できるでしょう。