image002

東南アジアであるベトナムは暑いというイメージが強いですが、実は場所によって大きく気候が変わってきます。暑い国だから半袖だけで大丈夫だと勘違いしていると、現地で風邪をひいてしまうこともあるので注意してください。

 

ホーチミンを含む南部地方は、想像通りの暑さです。平均気温が年間を通して30度以上ですので、日本の夏場の服装をしていても問題ありません。しかし、冬場は年によっては朝晩冷え込むこともありますので、長袖が必要になることもあります。

 

ダナンなどがある中部も年間を通して蒸し暑い地域ですが、ダナン高原など場所によっては涼しい地域も存在します。また、南部と同じく時期によっては冷え込むこともありますので、朝晩は長袖が必要です。それから、この地域の雨季は1日中豪雨になることも多いため、雨季の観光はあまりお勧めできません。

 

ハノイを有する北部地方は、東南アジアというよりも日本に近いです。もちろん日本のように気温が氷点下になることはないですが、四季があり、12月~3月頃は日中でも上着が必要です。基本的にこの時期は20度を下回りますので、そのつもりで用意をしましょう。ちなみに、夏場は中部、南部と同じくじめじめとした暑さになります。