blog4

ホーチミンをはじめとするベトナム国内では、殺人などの大きな犯罪は多くないですが、代わりにスリやひったくり、またはぼったくりなどの犯罪は蔓延しています。ターゲットとなりやすいのは、やはりベトナムの物価やベトナム事情になれていない観光客や、お金を持っている駐在員です。

つまり、我々日本人を含めた外国人が、ベトナムでの犯罪のターゲットになりやすいのです。お隣のタイやラオスでは、そういった観光客を守るためにツーリストポリスが発足されています。しかし、実はベトナムにはそのような観光警察なるものがいまだになかったのです。

人が良く平和ボケしていると言われる日本人は、どこの国に行ってもターゲットになりやすいです。我々が気を付けていれば防げる犯罪も多いですが、どうしようもない犯罪がするのも事実です。ツーリストポリスの発足に伴い、ベトナムで嫌な思いをする邦人が少しでも減ることを祈っています。