image002

日本でも終身雇用という言葉がなくなりつつありますが、転職回数があまりに多いとマイナスな印象を与えやすいというイメージは変わりません。それでは、ベトナム人の転職事情はどうなっているのでしょうか?

 

海外に目を伸ばしてみると、日本人の転職率はまだまだ低いことがわかるのではないかと思います。しかし、それでもベトナム人の転職率はかなり高いといえます。あるデータでは、20代ベトナム人の70%以上は転職経験があり、しかもその中の25%は3回以上の転職をしています。

 

20代の中頃で転職をする日本人は多くなってきましたが、さすがに何度も転職するとよくないというイメージがあるのではないかと思います。しかしベトナム人の場合は、よりよい環境に身を置きたいという一心から、少しでも待遇が良い会社、給与の高い企業を見つけると積極的に転職活動を行います。

 

こういう文化だから仕方がない、といえばそれまでですが、ベトナム人を雇う側からするとたまったものではありません。転職する人はしてしまいますが、転職者を少しでも減らすために、何らかの優遇措置を取ったりといった企業努力も必要なようです。