image001
成長の著しいホーチミンには、たくさんのコンビニが進出してきています。ホーチミンだけで50店舗以上を展開しているファミリーマートをはじめ、日本でもおなじみのサークルKやミニストップ、それからShop&Go、B’s Martなど様々です。

それでは、ベトナムのコンビニにはどのような商品が売られているのでしょうか?ベトナムのコンビニだからと期待しないで入ると、びっくりされるのではないかと思います。

コンビニにはお弁当やカップラーメンから日本のお菓子まで、様々なものが売られています。特に日本人街のファミリーマートには日本人にとって嬉しい商品が多いですので、ホーチミンを訪れた際には一度足を運んでみるとよいでしょう。

日本ではミニストップなどが、店内に席を設けてお客さんがくつろぐことのできるスペースを提供していますが、ベトナムのコンビニの多くもこのミニストップスタイルでできています。そのため、コンビニでちょっとゆっくり休憩することもできるのです。

コンビニは当然エアコンが効いていますので、暑い時間帯にちょっと涼むために使うこともできますね。現在もコンビニの競争化が進んでいますので、これからもサービスの質の向上を期待したいです。