事例紹介


日本最大のファッション情報発信メディア 「FASHION PRESS」のラボ型オフショア開発
Fashion Pressについて

日本でもっとも大きなオンラインファッションメディアです。ファッションを中心に映画、グルメ、音楽、アートなどライフスタイルに関する最新情報を発信しています。Twitterメディア部門でのフォロワー数は、国内1位の280万人を抱え、サイトには月間500万人以上の人が訪れています。ファッションショーを中心とした写真の量は日本でもトップクラスを誇ります。

クライアント

株式会社カーリン
(Carlin, Inc.)

開発室 チーフエンジニア 田中雄二 様

日本最大級のファッション情報発信メディアである「FASHION PRESS」を運営されている 株式会社カーリンさまにお話を伺いました。

ラボ型開発をはじめたきっかけはなんですか?

会社の成長にともなって新たなプロジェクトが多くなり、外注か、自社で抱えるエンジニアを増やして開発するかを悩んでいました。 
たとえば、WEBサイト用に合計50万枚以上の写真を保有していたため、効率的に管理できて、日本のライターやエディターが必要な写真をすぐに検索・確認できる機能を備えた社内用システムをラボで開発したいと思っていました。目的の写真をスピーディーに見つけ、整理できている状態にしたいと考えていました。

ラボ型開発をどう活用しましたか?

日本のエンジニアがベトナムのラボ・チームの進捗管理を行いました。最初はエンジニア4名のチームでラボをはじめ、開発作業が落ち着いたところで保守運用と機能追加をするエンジニア2名、BPOスタッフ2名に変更しました。現在は主に、日本のエンジニアは「FASHION PRESS」の新規開発に集中させ、ベトナムのエンジニアには、日本側で作成した仕様書をもとに社内用システムの追加機能開発やテスト、コーディング作業、WEBサイトの保守・運用などを任せています。日本からの開発作業指示が停滞してしまう場合は「FASHION PRESS」のサイト内にある不要なコードのチェックや修正作業をこまめに行わせています。 また、出来るだけ国内でリソースを割きたくない、日本人が行うとコストが合わなくなってしまう写真加工などの単純作業に関して、新たにBPO担当のベトナム人スタッフを数人アサインし、理想的なオフショア開発体制が実現できました。

ラボ型開発の魅力はなんですか?

コスト面のメリットが大きいです。日本での外注と比べると、半分以下にコスト削減できました。また、ラボで採用したエンジニアは柔軟でスピーディーな開発ができます。弊社は当初予定していた仕様と異なった機能が必要になり、予定が変更になるというケースが多々あります。そんなケースでも必要な内容さえしっかり伝えれば柔軟な対応が可能です。優先的に対応しないといけない案件が発生したとき、すぐにスタッフをアサインできることも魅力です。受託開発で外注する場合、再見積もりや追加料金の支払いなど、時間、コストが増えますし、決められた定義に従って最低限の開発になってしまいます。
しかし、オルグローラボだと自社のチームとして機能させられますので、私たちの望みどおりの開発を行うことができます。それが最大の魅力だと思います。