Case2
「株式会社赤とんぼ」様

日本企業にお願いするときと全く変わらない品質を格安で利用することができました。

img_case1_01

ラボ開発概要
事業内容
  • ベトナム、ホーチミン市で和食レストランの経営。
  • 日本市場向け家具販売(同グループ別会社にて)
ラボ開発内容 1.自社ウェブサイトのリニューアル
2.自社日本向けECサイトの開発、保守・運用
開発言語 HTML, CSS, PHP
ラボ利用人数
  • HTMLコーダー2名
  • PHPコーダー1名
  • 日本語通訳者 ※レンタル:月20時間程度
ラボの利用期間 2014年10月 ~ 現在もご利用中
主な活用ツール 【コミュニケーション】 チャットワーク
【プロジェクト管理】 レッドマイン
【ビデオチャット】 Skype
開発体制
img_case2_new_01

仕様書の作成、デザイン業務はクライアント側で行い、HTML・PHPコーディングの部分をオルグローラボで採用したスタッフが担当しています。また、指示は主にチャットワークで直接出されています。通訳は仕様書作成時、週1回のミーティング時、難しいニュアンスを伝える時などにレンタルされています。

開発実績
1. 和食レストラン「株式会社赤とんぼ」のウェブサイト
http://akatonbo.com.vn/

img_case2_new_02img_case2_new_03

2. 家具通販サイト

img_case2_new_04img_case2_new_05

担当者インタビュー
今回、赤とんぼ様のラボ事業統括マネージャーの方にインタビューさせていただきました。

ラボ型開発を利用しようと思った理由、さらにオルグローラボを選んだ理由を教えて下さい。
 
弊社は元々ベトナムにも会社があり、ベトナム人コーダーを自社で採用することも可能でしたが、一年中業務が発生するわけではなく、自社で採用した際にかかる様々なコストやリスクを考え、外注した方が良いという結論に至りました。

また、開発を委託することも検討しましたが、以前利用した際に融通があまり利かず、交渉に時間が掛かってしまいその都度追加料金を請求された経験からあまり良い印象がなかったので、今回ラボを試してみようと思いました。

オルグローラボを選んだきっかけは、契約期間に縛りがなかった点です。結果的には半年程ラボを利用しましたが、当初5カ月を予定していました。1年の最低利用期間を設けている会社が多い中、対応していただける会社がオルグローラボだけでしたので、この点は1番の魅力でした。
日本人担当者の対応が良かった点も選んだ理由の1つです。こちらの質問や疑問にも迅速に対応していただき、教育が行き届いた会社だと感じました。もちろん、他社と比較して料金が安かった点も評価しました。


また、日系ではないベトナムの現地企業も検討しましたが、日系企業と現地企業ではまだまだ品質に差があると感じました。
弊社のサイトに訪れるのがほとんど日本の方なので、日本で目にする様なサイトまでクオリティを高める必要があり、こうした経緯から日系企業で日本での実績もあるオルグローラボにお任せしました。

img_case1_02

実際にオルグローラボのラボ型開発を利用していかがでしたでしょうか?
 
結論から言うと、オルグローラボを利用して良かったと思っています。
最初の段階で要件などを伝える際には、仕様書作成などに詳しい人材が社内にいなかったため苦労しました。しかし、オルグローラボの日本人スタッフにアドバイスをしていただきながら、無事にベトナム人スタッフに伝えることができました。

また、当初はベトナム人に仕事を依頼するので、いずれ何かトラブルが起こるのではないかと心配していた部分もありました。しかし、採用したスタッフは非常に勤勉で真面目な方々で、途中生じたいくつかの変更にも弊社の依頼に柔軟・迅速に対応してくれました。この点が受託開発とは一番異なるところではないかと思っています。

  • チームとしての成長

ベトナム人スタッフを3名採用しましたが、途中からその中の1名が自然とリーダー役を担う様になり、他のスタッフへ代わりに指示を出してくれたことで業務効率も上がりました。3名とも業務に慣れてきたというのもありますが、チームとしての成長を実感した瞬間でした。

当初5カ月を予定していましたが、ラボがチームとして機能し始め、他にもやりたいことを任せられるかもしれないと考えるようになりました。そこで予定を延ばし、当初の予定にはなかったより難易度の高い依頼も任せて仕上げることができました。弊社はシステム開発・ウェブ制作会社ではなく、長期間お借りするというわけにはいきませんでしたが、ラボを解散するときは非常に惜しい気持ちで一杯でした。

オルグローラボのラボ型オフショア開発を考えている企業様へアドバイスをお願いします。
 
弊社が依頼したコーディング業務に限って言えば、ベトナム人でも日本人と遜色ないクオリティを実現することができました。もちろん、その他に言語や習慣の違い、納期に対する意識の違いなど苦労する部分は多々ありますが、日本のやり方や習慣を教えていけばベトナム人スタッフも理解してくれます。

開発を委託した以前の経験と比較して、長期的に考えるのであれば、ラボ型開発で専用チームを作った方が計画の変更にも柔軟に対応でき、空いた時間に他の作業を任せるなど融通も利くので効果的だと思います。ベトナム人はチームワークが武器なので、一度チームとして成長すれば素晴らしい成果が期待できます。


オルグローラボはまだラボ型オフショア開発を始めたばかりであまり実績はないとお聞きしましたが、中にいる日本人スタッフは非常に頼りになり、ラボを成功に導いてくれます。事実、分からないことは何度も質問しましたし、充実したサポート体制があったからこそ、弊社のラボも上手くいったと非常に感謝しております。

img_case1_04

インタビューのご協力、ありがとうございました。