OUR SERVICE


ラボ型オフショア開発

オルグローラボのラボ型オフショア開発は、
より早く柔軟に、低コストで安心して
WEB制作や開発を進めることができます。

Offshore
Development

オルグローラボのラボ型オフショア開発では、お客さまの課題を具体的に解決します。

ラボ型オフショア開発
とは?

ラボ型オフショア開発とはオフショア開発の新しいカタチです。従来の受託型オフショア開発における失敗や課題を解決できる可能性を持ち、昨今のWEB制作やソフトウェア開発に最も適した契約形態として注目されています。優秀なIT人材を常に確保し、直接指示を出して自分たちのプロジェクトにアサインできるのが特徴です。

ラボ型オフショア開発
のメリット

業務スタートまでのプロセスを省きます。

受託型オフショア開発では、発注側が要件定義書を作成することが必要であり、要件定義のすり合わせや見積もりに多くの時間を費やしてしまいます。また、見積りは要件定義をもとに行われるため、要件の変更があればそのたびに見積作成が必要です。ラボ型オフショア開発ではこういった手間を省くことができるので納期が早まります。

自由度の高いプロジェクトの
進行ができます。

ラボ型オフショア開発では、特定のIT人材に対して自社の従業員のように直接指示を出せるので、急な仕様変更や機能追加が発生した場合も迅速に対応します。その結果自由度の高いプロジェクトの進行ができます。

ノウハウの蓄積が可能です。

プロジェクトを成功させるにはノウハウを蓄積することが重要です。そこでしっかりとチームビルディングを行い中長期的な視点に立って業務を継続していく必要があります。ラボ型オフショア開発では、特定のIT人材を専任でアサインさせるため、強固なチームビルディングとノウハウが蓄積されます。また、ある程度の規模に達した段階で現地法人を設立し、移籍金を支払いアサインされているITエンジニアをその会社に転籍させることも可能です。

納品後の保守運用を行うことができます。

成果物の納品はプロジェクトのゴールではなくスタートです。ラボ型オフショア開発は、プロジェクト進行時から納品後の保守まで考えて行い、プロジェクト完了後も継続して保守運用を行うことができます。受託型オフショア開発は「納品」がゴールなので、納品後の保守や改修を考えた場合、費用が膨大にかかります。

Vietnam

私たちは、今ベトナムでのオフショア開発をお勧めします。

日本国内ではITエンジニアの需要が増加しており、採用がコスト面、人数確保の点から年々難しくなってきています。ベトナムは世界の中でもIT教育に力を入れており、若くて優秀な人材が豊富です。そのため体力が求められ、根気よく努力することが必要な成果物制作(コーディング)などに適しています。

ベトナムのメリット

国策としてIT産業育成に力を入れているため、レベルの高いIT系大学が多数あり若くて優秀な人材がたくさんいます。
親日国で日本のプロジェクトに対する理解や興味があり、日本人に対する好感度が高く、日本人は尊敬されています。
近年では急速にインフラが整備され、治安が良く安心して開発を継続できます。

プロジェクト開始まで

  • お問い合わせ

  • ご要望のヒアリング

  • エンジニアの推薦

  • エンジニアのテスト

  • エンジニアの決定

  • ご契約

私たちは、
お客さまの事業の成功を
サポートします。