ラボ型開発

1.
ベトナムについて

Q1-1.
ベトナムの気候を教えてください。

ベトナムの国土は縦に長く、北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミンでは気候が異なります。
オルグロー・ラボのオフィスがあるホーチミン周辺は熱帯性気候となり、年間を通して日本の夏のような気候です。ホーチミンでは、5~11月が雨季、12~4月が乾季となり、毎年4月頃が一番暑くなります。

雨季の時期には、30分~1時間程度のスコールが1日1回、多くて2回降ることが多いです。また、乾季の時期は雨が少ないですが、雨季と比べると気温差があります。平均気温が30℃以上あるホーチミンの気候に慣れてしまうと、夜は少し肌寒く感じるかもしれません。この時期に体調を崩してしまう方も多いので、お越しになる際は長袖も用意しておいた方が良いでしょう。
目次へ戻る>

labo_img11

Q1-2.
なぜベトナムでオフショア開発する企業が増えているのですか?

labo_img12
今までオフショア開発の中心だった中国と比べてコストが安いという理由があります。
しかし、その他にも「若い人が多い」、「IT技術者が多い」、「親日な人が多い」、「ベトナム人の性格が日本人に近く、マネジメントしやすい」といった理由もあります。また、ベトナムオフショアでは開発部分のアウトソースだけではなく、クライアント側でプロジェクトマネージャーを行う前提であれば、設計自体もベトナムで行うことが可能です。
目次へ戻る>

Q1-3.
ベトナム人エンジニアの技術レベルはどの位ですか?

日本企業でも通用するレベルの若くて優秀な技術者が増えてきています。
ベトナムでは、10年程前からITを経済発展の基礎にするという国策をとり、国家大学を中心に国内の多くの大学でIT教育に力を入れているためです。
さらにオルグロー・ラボでは、人材採用時に日本の技術資格認定団体の検定試験問題と同レベルの入社テスト(例:PHP開発者の場合、日本のPHP技術者認定上級試験と同レベル)を行い、日本人技術者レベルの技術を有する人材のみ厳選採用しております。
目次へ戻る>
labo_img13

Q1-4.
ベトナム人は親日家が多いと良く聞きますが、実際のところどうですか?

labo_img14
ベトナム人にとって、戦後に高度経済成長を遂げた一番身近な国が日本です。
さらに、実際にベトナムの空港、現在建設中の地下鉄、橋、トンネルなどの最新技術が必要なインフラの多くが日本からのODAで開発されています。そのため、日本人はベトナム人にとって、自分たちもこうなりたいという尊敬や模倣の対象となっています。昨今では、日本のアニメや日本食ブームも相まって、日本をもっと知りたい、日本に行きたいという親日なベトナム人がどんどん増えてきています。
目次へ戻る>

Q1-5.
ベトナム・ホーチミン市の洪水や地震などの震災について

ホーチミン市は、他の東南アジアの各都市と比べると比較的安全な地域です。
熱帯地域のため、雨季の時期に大雨の影響で道路が冠水するといったことはあります。しかし、それが原因でオフィスが稼働できなくなったりするようなことはありません。地震についても、年に数回小さな揺れが起きることはありますが、大地震といわれるようなものは今までにありません。
目次へ戻る>
labo_img15