ポイント解説

記事一覧

  • アジャイル開発とは?オフショア開発への効果と有効性を解説 アジャイル開発とは?オフショア開発への効果と有効性を解説のサムネイル画像です
    アジャイル開発とは?オフショア開発への効果と有効性を解説

    アジャイル開発を用いれば、短い期間でシステム制作や柔軟な対応が可能になります。さらにオフショア開発を併用すれば、安価で効率的にシステム開発ができるでしょう。この記事では、アジャイル開発の詳細とオフショア開発への有効性について解説します。

  • オフショア開発の契約形態の種類は?準委任契約と請負契約の違いも解説 オフショア開発の契約形態の種類は?準委任契約と請負契約の違いも解説のサムネイル画像です
    オフショア開発の契約形態の種類は?準委任契約と請負契約の違いも解説

    オフショア開発を進めるには、「準委任契約」と「請負契約」のどちらの契約形態でプロジェクトを進行するか判断が必要です。両方の特徴を把握してプロジェクトに合った契約内容にすることがオフショア開発を成功させるポイントとなります。本記事ではそれぞれの特徴やメリット・デメリット、どのようなプロジェクトが向いているかを解説します。

  • オフショア開発 の「仕様書」を書く際の注意点・ポイントを解説 オフショア開発 の「仕様書」を書く際の注意点・ポイントを解説のサムネイル画像です
    オフショア開発 の「仕様書」を書く際の注意点・ポイントを解説

    オフショア開発における仕様書は、「どのような機能なのか」や、「記載情報」をより明確にする必要があります。言葉や文化の違いにより、あいまいな表現での記載だと成果物が想定外の仕上がりになる可能性があるためです。本記事では、オフショア開発を成功させる仕様書の注意点や、そのポイントについて解説します。

  • オフショア開発の費用とは?人件費相場を地域別に解説 オフショア開発の費用とは?人件費相場を地域別に解説のサムネイル画像です
    オフショア開発の費用とは?人件費相場を地域別に解説

    オフショア開発において気になるポイントは費用です。海外の人件費といっても国によって幅があるため、その金額相場を把握することが大切です。そして人件費が安価であっても、開発技術や実績なども考慮する必要があります。この記事では地域別の費用相場やその国の特徴などを解説します。人件費以外にも費用を抑えるコツをあわせてご紹介します。

  • オフショア開発のメリット・デメリットについて解説! オフショア開発のメリット・デメリットについて解説!のサムネイル画像です
    オフショア開発のメリット・デメリットについて解説!

    オフショア開発には人件費などのコストカット、さらに人的リソースが乏しい日本は優秀なエンジニア確保の面でも大きなメリットを享受できます。しかしデメリットの部分を理解して対処しなければオフショア開発を成功させることはできません。この記事ではオフショア開発におけるメリット・デメリットを解説し成功させるポイントもご紹介します。

  • オフショア開発でおすすめの国を紹介! オフショア開発でおすすめの国を紹介!のサムネイル画像です
    オフショア開発でおすすめの国を紹介!

    オフショア開発は、成果物のクオリティをそのままにコストを削減できるため、日本で人材確保に困っている場合などに推奨される開発方法です。しかし、委託先は海外になるため、日本との違いに戸惑わないよう相手国の状況を知っておくことが不可欠になります。ここではオフショア開発で人気の国や委託先の選び方についてご紹介します。

  • オフショア開発におけるリスクとは?リスクの回避策とポイントを解説 オフショア開発におけるリスクとは?リスクの回避策とポイントを解説のサムネイル画像です
    オフショア開発におけるリスクとは?リスクの回避策とポイントを解説

    オフショア開発は人件費削減などメリットがある一方、国民性や文化の違い、コミュニケーションの難しさからリスクがあるのも事実です。オフショア開発を成功させるには、あらゆるリスクを想定し対策を講じることがポイントとなります。本記事ではオフショア開発におけるリスクを回避あるいは軽減する方法について解説していきます。

CTA CTA