blog2

当たり前のことですが、日本のお正月は1月1日です。多くの企業は、大みそかから三が日は休みにすることが多いのではないでしょうか?ベトナムでも、日本企業の中には日本と同じように日本の祝日を採用しているところがあります。

しかし、ベトナムでは正月が日本とは異なり、旧正月が存在します。ベトナム人にとっての正月ですので、当然テトはベトナム中が休みになります。多くの日系企業や外資系企業も、この間は休みになります。

厄介なのは、テト正月は毎年違う日になるという点です。例えば2015年のテト元旦は2月19日で、その後1週間ほどがテトホリデーでした。今年の2016年のテトホリデーは2月8日から約1週間続きました。

正確には2月8日の月曜から11日の木曜までなのですが、金曜日に営業したところで土日がまた休みなので、金曜だけ仕事に出るベトナム人はほぼいません。そのため、日曜までをテトホリデーにする会社が多かったはずです。

テトが正月ですので、1月1日は2月1日や3月1日と同じ扱いです。ベトナムにいる日系企業は、どちらを採用するか、もしくは両方とも休みにするか迷いどころですが、どっち道ベトナム人はテトに休みを取りますので、テトは休まざるを得ないでしょう。